歯を失うのは虫歯と歯槽膿漏?が原因。それほんとですか?


https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-N112_sonnabakana-thumb-1000xauto-14450

皆様こんにちは。ライターのdr.whiteです。
高齢の方を中心としたアンケート結果「人生において後悔していること」でトップに入ったのは歯を大切にしていれば良かったとのことでした。歯は失ってからではどうしようもありません、本日は歯を失ってしまうことのお話をしたいと思います。

虫歯と歯槽膿漏

496e94fb1ab88fa73c8d8c3d2586820b_s

歯を失う原因は虫歯と歯槽膿漏。それが定説となっています。
確かに虫歯と歯槽膿漏は歯を失う大きな原因です。

その二つは歯磨きが足りないからと長年言われて来ました。
しかし歯磨きをきちんとしているのにはの痛みを感じて歯科医院に行ってレントゲンを撮ったらその歯の部分だけ局所的に骨が下がっている。そして歯が動揺したり痛みが出たりして、その結果歯を抜くことになった経験のある方は少なく有りません。

そうです。
咬合、噛み合わせの不良によりその歯に負担がかかる咬合性外傷という事が原因で歯を失うことが少なく無いのです。

人間の歯はその形や並び方で清水寺の舞台を支えるあの櫓に匹敵するような素晴らしい力の分散と効率的な作業をしています。
前歯から一番奥の歯までが協力して美しく機能を発揮して一本の歯に加重がかかりにくい様になっています。

さてここで歯がきちんと並ばないことが部分的に強い力がかかりその歯を失うということが何故起こるのかを考えてみたいと思います。

噛み合わせ

噛み合わせを上下に支える大臼歯で一番初めに口の中に萌出するのは6歳臼歯と言われる第一大臼歯しですね。
顎の成長と共にこの第一大臼歯が伸びて来て上下に噛み合い噛み合わせの高さを支えます。
この歯が噛み合うと共に他の歯も萌出して然るべき高さできちんと噛む、これが全ての歯で力を分散すると同時にそれぞれの持つ歯の解剖学的な形(歯はそれぞれの噛み合わせの山を持ちますが)それぞれの歯の山の斜面に沿って上下の歯が滑り抜け左右に顎をスムーズに動かすのです。

さあ、ここで第一大臼歯の高さが他の歯の力の負担をきちんと分散する要素として大切な事がお分かりになると思います。

上下にきちんと高さを支えてくれるはずの第一大臼歯。

この歯が虫歯になると、或いは虫歯の治療を受けて本来の高さを失うと、他のはにかかる力は歯の持つ斜面をスムーズに抜けきれずに本来はかからないアッパーカットの様な力が特定の歯にかかることになります。
咬合による外傷で骨が吸収してゆく始まりです。
勿論第一大臼歯の詰め物が高すぎたりするとその歯自体が噛む度にアッパーカットを受けて埋まっている骨が逃げて吸収してゆきます。
こんな風に歯を失う大きな原因は咬合によるものとも言えるのです。

最近は虫歯の原因は菌ではない。歯磨きをしなくても糖分が無ければ虫歯にはならないという説も広がりつつあります。
糖分が無ければエナメル質は溶けない、つまり虫歯にはならないと提唱される方も増えつつあります。
また、歯槽膿漏も局所的な口腔内の病気ではなく全身の免疫力が大きく関わっていると言われる様になりました。

「歯磨きをしないと虫歯や歯槽膿漏で歯を失うぞ〜」という話は、
糖分をとって全身が不健康で第一大臼歯の噛み合わせを大切にしないと歯を失うぞ〜」と変わりつつあるかも知れません。


歯を失わないために糖質の少ない食事をよく噛む事。
歯を失わないために全身の健康を心掛ける事。
生涯自分の歯で噛むために第一大臼歯の噛み合わせを大切にする事。
こんな事がとてもたいせつなのですね。