株式会社Side(サイド)の社名由来


こんにちわ。人に拘る会社株式会社Sideです。
突然ですが「株式会社Side」という社名の由来を発表しようと思います。

色々な意味があるのですが、Sideという言葉を日本語に訳した時に「側(そば)」という意味があります。

我々は仕事もプライベートも、人生の殆どは「側」にいる人によって大きく左右されると感じています。
人生で言えば、学生時代の友人、配偶者、社会人になってからの最初の上司、出会う友人たち。
仕事で言えば、部下、上司は勿論のこと、所謂「右腕」「左腕」。

我々とお付き合いしていただく方は、ご自身が経営者であり、マネージャーであることが非常に多く、その経営を見事に成功されている方は、例外なく優秀な右腕(ブレーン)をお持ちです。

しかし、その右腕となった方々はやはり生まれた時から側にいたわけではなく、その経営者の人生の中で出会われたか、経営をされるようになってから採用され、その後育まれたのだと思います。

私も今まで、優秀な右腕を持ったことも、誰かの右腕だったこともあります。
しかし、そこには多くの時間や、想いの共有があって、”そこ”に至ったのだと思います。

経営者の右腕であれば、経営目線や経営思考は勿論必要だし、ベクトルを合わせるために経営者自身が多くの想いを語らなくてはいけないのだと思います。

しかし、それらのアウトプットが実は苦手という経営者の方も非常に多いのもまた事実。

恥ずかしい、照れくさい、そもそも自分の想いとは何かよく考えたことがないなどアウトプットという作業は、インプットよりもずっと難しいことだと感じます。

我々Sideはそういう内に秘めた想いを今、あなたの側(そば)にいる人にアウトプットするお手伝いをしたい。そして右腕、左腕の形成をされ、経営の成功に寄与したいという気持ちからSIDE(側)という社名としました。

我々が掲げる「教育」という言葉は”教える”と”育む”があります。

私は教えることは頭でできることだが、育むことは心の想いや覚悟だと思っています。

我々が出会う、全ての経営者の方々の側に最高のパートナーが存在している。そんな未来を一緒に創っていくために株式会社Sideはこれからも人に拘り続けようと思っています。