働く女子に聞く!仕事に求める”条件”とは


IMG_1196

こんにちは。出前迅速落書無用、ほんわかぱっぱヨコヤマです。
どうやら最近六本木ヒルズはドラえもんがジャックしているらしく、その模様をLINEで画像を何枚も送りつけられました。何十体もいるドラえもんが並ぶ姿に恐怖を覚えました。
いくら好きでも可愛くても異常に数が多いという現象は恐怖になるという方程式を学びました。

そんな意図しない・気が付かない方程式があるように、働く環境ってすごく大事なことだと思うんです。
求人に応募してみて行ってみたら全く条件と違った…でもなし崩し的に働くことになってしまった…という方も多いようです。
特に今年のホットワードでもある「ダイバーシティ経営」を実現しようとするならば、色々な方が一緒に働くわけですから職場の環境というのは非常に重要になってくるのではないでしょうか。

本日は医療業界(現場)で働くスタッフは女性が多いということで、もし転職するならば女性が次の職場に求める条件というランキングにフィーチャーしてみました。
こちらのアンケートは働く女性のメディアことマイナビウーマンさんが会員さん向けに実施したもので、一般企業に務めるOLさんも含めていますが思っていたより回答はリアルでした。ヨコヤマの感想と共に是非今後の経営のご参考にして頂ければと思います。

働く女子に聞く「次の仕事に求める条件」ランキング

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-CL201_syorui2320140830185655-thumb-1000xauto-17628

★第1位/「職場の雰囲気」

これは1番気にしますよね。僕も気にします。
おそらく女性は良い面も悪い面も「リーダーシップ張るような子はいないから、みんなおとなしくてグループみたいなのはない」とか「お局様的な人はいないけど個性が強い子が何人かいるからその子とぶつかるかもしれないね」とか職場の雰囲気という比喩を使って「人」のことを聞いておきたいんだと思います。
でもこれを面接時に聞いても絶対にそんな回答ももらえなければ「うち今スタッフ同士あんまり仲良くないんだよね」とか「ぶっちゃけみんな個性強いから雰囲気はよくない」とかネガティブなことは絶対に言わないですよね。ネガティブじゃないことがリアルだったらいいんですけど、良い事しか言わないところほど入った時の乖離が大きいかなと感じます。
だからといってリアルな事しか言わなければいいのかって話でもないんですけど…。バランスですよね。

★第2位/「やりがい」

これも大事ですよね。
女性は特に役員の数が少なかったり役職を持っている人は男性に比べて圧倒的に少ないです。恐らく内容のやりがいよりかはキャリアパスを描けるかどうか、ということを気にしているんじゃないかなと思います。
例えばブックオフの橋本社長(現:取締役相談役)は時給600円のアルバイトからスタートして上場企業の代表まで勤めました。もちろん社長になりたいと思って橋本さんも入られたわけでもないですが、アルバイトからスタートしても社長になれるというキャリアパスはブックオフを志望する人が増えたと思います。
絵に描いた餅ではなく、例えば過去にパートとして入社した方が正社員になりマネージャーになったという実例があれば転職者もイメージしやすいですよね。逆にあの人は10年働いてくれてるんだって紹介された方が時給900円のアルバイトだったら…。

★第3位/「収入のよさ」

2位の結末に少しコネクトしますね。
個人的には全ての転職者、求職者にいえると思うんですが1番気にしてるところだと思っています。
まあでも求人情報を見て会社を知って応募してくるわけですから求人情報に嘘偽りが書かれていなければ問題ないかと。たまにあるんですよ、「月給25万以上スタート」って書かれていて応募して採用されたら22万とかね(実体験)
そもそも求人情報に嘘偽りを掲載して、採用を確定して内定出してネタばらしなんて卑怯だと思うんです。そんな事しなきゃ人を集められない会社なんて社員を人だと思っていないですからね。

★第4位/「安定性」

これがこの順位になるのは女性ならではかなと思います。男性も安定性というのは考えるんですけど、安定することがつまらないとか夢を追いかけたいとか思う人は女性より男性の方が多いイメージですね。いかに安定した収益を出し続けていてしっかりとした福利厚生があって続けて働ける環境なのか、ということに重きを置く方も当然いますよね。

●第5位/「結婚しても続けられる」
→安定性にも繋がりますが、結婚しても子供をもっても働きたい女性は多いです。でも現実的に子供がいると働けなくなってしまったりするのでそのことに対して体制が整っているか、休暇が取りやすいかを気にする方は多いです。

●第6位/「福利厚生のよさ」
→こちらもそうですね。社会保険は当然ですが、産休・育休があったり有給の取得率だったり、社内にくつろげるスペースがあったり環境は大事ですからね。

●第7位/「家からの距離」
→主婦の方は特に気にされるかなと思います。お昼時に帰宅したり出来る距離はありがたいようです。

●第8位/「残業がない」
→定時でしっかり終われる雰囲気かというのは大切ですよね。日本は特に残業の美学が蔓延していますから…

●第9位/「キャリアを活かせる」
→これは女性に限ったことではないですが、自分のキャリアに沿ったことであれば覚えることも早いですしストレスがないですよね。自分の好きな業界だったら尚のこと。

●第10位/「適性」
→中にはこの仕事向いてないな〜って思いながらも続けてる人っていますよね。好きだけど向いてない仕事、好きじゃないけど向いてる仕事、あなたならどっちをとりますか?

●第11位/「職場の人たちの人柄」
→これ1位と一緒。


編集後記

いかがだったでしょうか。
女性の本音っていうのは見えにくいので男性側からわかろうとする努力をしなければならないかなと思います。それが出来る男性はきっとプライベートでもモテますよね、確実に。僕?そういうの僕に聞かないでください。