介護施設にとって必要なマネジメント


https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-B102_enjinwokumuahirucyan-thumb-1000xauto-14388介護保険が始まるまでは介護施設は公的な機関でしたので経営するという概念はありませんでした。しかし、介護保険が始まって以降マネジメントというのは必要になってきており、健全な運営を行っていく上でマネジメントは必須になってきています。
介護施設のマネジメントとは一体どのようなものなのでしょうか。

■様々なマネジメント
介護施設では様々なマネジメントを行う必要があります。
まず健全な経営ができる経営マネジメント、これは現場の介護職員には節約という形で指示されることが多いですね。
働く側からしてみれば節約、節約、節約、と呪文のように言われるのは精神的にもやる気を無くしてしまいます。エアコンの設定を変えられないように管理されたり、手を拭くペーパーは一回1枚と決められたり…しかし、介護は通常の企業とは違い収支に頭打ちが出てしまいます。満床にしてしまえばそれ以上の収支は望めませんので、どうしても支出を抑える傾向に出てしまいます。

また、リスクマネジメントなどは現場でも馴染のあるものではないでしょうか。
事故などを防止するために、ヒヤリハットなどがありますがこれはリスクマネジメントになります。
リスクを減らす事は高齢者の方にとっては有益なことですので、積極的に取り組みましょう。

その他には人材マネジメントがあります。
介護施設が発展する為には人材育成マネジメントが欠かせません。介護施設のマネジメントの課題として一番に挙げられるのが人材マネジメントだといえます。
きちんと学ぶ場を設けて、それをしっかりと評価して給与に反映できるシステムを作っているところはほとんどありません。
その為、優秀な人材ほど長続きしない傾向にあります。

マネジメントというと難しく聞こえてきますが、簡単に言うとその施設が発展するための計画です。
しっかりとマネジメントができている施設では評判も良いですし、職員の満足度も高いです。やはり何事も計画が大切ですね。