こんにちは。自由気ままなブログがばかりですいません。

先日、前の会社の上司にいただいた、ワイシャツのオーダーメイドの作成券があることを急に思い出し、新宿タカシマヤで急遽仕立ててもらいました。それが、本日(1か月半の期間を経て)仕上がったので、取りに行ってきました。

作ったことあります?すごいですよ、メジャーを身体に当てられること20数回。

襟は?袖は?柄は?生地は?ボタンは?襟の高さは?袖は何重に?もう、細かいところまで徹底的に決めていきます。(心の中で「結婚式か?」とつっこみました)

 

そして、、、

着てみたんですが、なかなか身体にフィットして、やる気を増長させてくれました。

 

DSC_0286

HPとかもそうだと思うのですが、世界に一つだけしかない、自分だけのものというのはなかなか嬉しいもんですね。

(今後出会う方々へ:万が一このワイシャツを着ているナカタを発見しても触れないでください。一張羅みたいになってしまうので。ありますよ。他にも多数のワイシャツが。オリヒカとか、スーツセレクトとか・・・)

また、これを受け取った時にこのチケットをくれた上司にオシャレなプレゼントをくれたことに感謝しました。

いつか、Sideの社員の何かの活躍のこういうオーダーメイドのものをプレゼントしたいと思いました。

思えば、人は”自分だけ”とか”あなただけ”という響きに弱いと思います。

出逢う営業マンも”あなただけ”感が強いと真摯に自分に向き合ってくれていると感じ、頼りたくなります。

決してお得感とか値引きとかの話じゃないですよ。

つまり、ありきたりで無難なことばかりな説明を受けるより、自分というものを判断した上でのソリューションというか。(否定、肯定両方ともね)

いい意味で、誰かにとっての特別な存在でありたい。

会社も出逢うお客様、お一人お一人にオーダーメイドなご提案ができる会社になっていきたいと思います。

(あ、社員に遊びの記事ばかり書いてないで、少しは真面目なことを書けって言われたのでちょっと強引に関連付けたのはここだけの秘密です)

 

「最後に今日の店員さんとのやりとり」

店員A「どーも中田さん。お待たせしました、暑い日が続きますが、アイスとか食べ過ぎて体重増えてませんよね?これはちょっと細身に作成しているので、ちゃんと維持してくださいね(体重を)」

中田「え?!ええ。だ、大丈夫です」